メールを使って顧客の維持と獲得を目指そう

Eメール

企業がメルマガを利用する目的としてまず挙げられるのが売り上げを伸ばすためのツールとすることです。メルマガはマーケティング手法の一つとして注目されるようになり、多くの企業が活用しています。実際にできるのはメールを配信して登録している読者に読んでもらうことです。ある程度の定期性をもってメールを配信していれば顧客の維持も獲得も目指すことができます。顧客を維持してリピーターとして購入してもらえるようにする目的で活用するのは典型的で、商品やサービスの購入時にメールアドレスを登録してもらうことで配信が可能です。定期的にお得な情報が手元に届くと、また買いたいという気持ちも生まれてきやすくなるでしょう。一方、メルマガへの登録はホームページやSNS、ブログなどを使って促すこともできます。大手の配信サイトに登録しておくことで興味を持った人に自由に登録してもらえるシステムにすることも可能です。このようにすることで、自社の取り扱っている商品やサービスに興味がある人を集め、メールによって積極的なマーケティングをすれば新規顧客も開拓できます。新規顧客と既存顧客に向けて別々のメルマガを作成して配信すればさらに効果も高まります。

配信による効果の測定が可能

Eメール

メルマガを使って顧客を増やしていくことにより売り上げを伸ばそうと考えたら、本当に顧客が増えているのかを確認するのが大切です。メールを配信することによって本当に効果があったのかが測定できるサービスも多くなっています。読者数の推移を時系列的に調べることができるだけでなく、メールを開いた人がどれくらいいるか、メールを開いた後でリンクをクリックした人はどの程度の割合かといった情報も得ることが可能です。これによって配信効果があったかを判断することもできる一方、メールの内容を改善して効果を上げる工夫をしていけるようになります。メールを開いている人が少ない場合にはタイトルが魅力的ではないと考えられるので、キャッチコピーを入れるなどの試みをして改善を図ることが可能でしょう。メール内のリンクをクリックしてくれている人が少ない場合にはクリックさせるための動機付けが必要です。メルマガ限定のクーポンをつけるなどの工夫をすればクリック率が上昇すると考えられます。このような取り組みを繰り返していくことで着実に顧客を購入に導けるようになり、売り上げも伸びていくでしょう。

広告募集中